フリッカーの発生を回避

東日本(電源周波数50Hz)エリアの蛍光灯下で1/60のシャッタースピードで動画撮影をすると、フリッカー(ちらつき)が発生する。これは蛍光灯の点滅スピードとシャッタースピードが同期していないからだ。従ってモニターを確認しながらフリッカーが発生しないようにシャッタースピードを調整(1/50、1/100など)すれば、基本的には、一部の例外を除いてフリッカーの発生を回避(※1)できる

 

複数光源でフリッカーの周波数が異なる絶望を味わいたければ渋谷の街中を夜にカメラ持って歩くといいよ
街灯が一本ごとに違う周波数で光ってて絶望できる