「30過ぎて貯金100万も作れない奴はクズ」匿名ブログが物議 「それぞれ事情がある」という批判が相次ぐ

anond.hatelabo.jp

 

「30過ぎて貯金100万無いやつは信用できない」匿名ブログが物議 「それぞれ事情がある」という批判が相次ぐ

 

本人曰く

自称貯金900万だそうだ

 

記事中に信用できないという言葉があるけど

 

文字で貯金1億とか5000兆円とか誰でも書けるからむしろこの記事主のほうが信用できないな

Youtuberのカズさんみたいにガチで買い物しまくってる人は経済に貢献してるぞ?

 

だから文章に説得力をもたせたいなら色々物を買って経済に貢献してからブログを書いたほうがいい。

 

そうすると説得力のある記事になるぞ。

 

そしてそんなカズさんの真似して私もYoutuber始めました

 

www.youtube.com

チャンネル登録よろしく!

私もアイドル的人気を誇るYoutuberだけど

blog.esuteru.com

 

握手会に行くためにわざわざ身分証偽造してバレてパトカーに乗った事件。

 

愛があるよねえ

私もアイドル的人気を誇るYoutuberだけど

犯罪を犯してまで愛されるほどの人気ではないし

 

犯罪を犯してまで人を愛したいとは思えない

 

愛があるよね

 

テレビに出ててすごい人!っていうメディアの力もあるんだろうけど

そうまでしてライブ行きたいかって。

 

こんのクソ暑い中外に出ることすら嫌だというのに

情熱的だよね

 

今ホントアイドル人気凄いしお金も動いてるから

割と興味を持つべきだと思ってる

 

なので別にこういうニュースを見るのは別に嫌じゃないし

むしろ面白がって見てる

 

こんなに暑い中犯罪犯してパトカー乗せられるリスクを犯してまで

やることなのか?

その情熱は凄いぞ。

熱いぞ。

何もしないことこそが一番のハイリスクだ。

news.nicovideo.jp

 

 

こういう貧困煽り系の記事か男性女性の性差別煽り系記事最近多いけど

 

特にピンときたのは

 

【「結局何も行動しない」というリスクが高くなってしまいます。】

 

という部分。

 

私の学生時代に嫌いな学友でFさんという方がいたんだけど

「沈黙は金!」ドヤッ!とか言ってたのを思い出した。

 

沈黙は金じゃない。

 

逆だ。

 

行動しないことこそがハイリスクだ。

 

なんでも活動しようとすると金、時間、気力がかかる。

 

例えば

 

 

音楽で生計を立てたい

機材代やレッスン代でお金、練習時間などスキルアップに時間、気力がかかる。

これは絵とかでもなんでも一緒。

 

なんでもそうだけど挑戦することには

リスクが伴う。

 

でも自分のやりたいと思ったことはすぐにやるべきだ。

 

むしろなんにも行動しないことこそが

一番のハイリスクだということに気付いたほうがいい。

 

あらゆる行動にリスクを考え

何にも行動しなかった結果がこの記事の44歳の引きこもりおじさんではないだろうか。

 

 

変なことをして目立つことをしてた人がいるとしよう。

 

あいつ馬鹿だな。俺は馬鹿じゃないからこんなことはしない。

 

と思って何にも行動しなかった。

 

そこにはなんにも生まれない。

 

でも変なことして叩かれたとしても

結局その行動を誰かが評価してくれたりする、

何かが動いたりする。

 

行動する人の影であざ笑うだけで

その結果何が起こるだろうか。

 

何も起こらない。

 

人は生きているだけでお金がかかる。

死んでたほうが金がかからん。

 

だったら金を稼ぐ以外に生きていく道はないんだから。

 

まず安定した収入の確保。

それをしながら自己実現の道を模索していくべき。

 

なんでもいい。

引きこもりで何もスキルもないなら

アフィリエイトブロガーやるとか。

 

アフィブロガーで稼げたら凄いよ。尊敬するよ。

 

私はブログで稼げる気は全然しない。

文字を書くのは誰でもできることなので

供給量がとても多く競争率が高いから。

 

その中で稼ぎを出すのは相当の難易度だろう。

でもやらなきゃ始まらないでしょ?

 

何もしないことこそが一番のハイリスクだ。

【プレゼント企画】nitendo switchプレゼントします!!!!

さんから  是非コメント、チャンネル登録お願いします

 

www.youtube.com

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆プレゼント企画★☆★☆★☆★☆★☆

チャンネル登録しましたってコメントください!

今後のプレゼント企画でも当選する確率あがるかも?

今後のプレゼント予定
Nintendo Switch
Nintendo Switchソフト
PS4ソフト
surface Pro
iPad
などなど!

今週の新婚さんいらっしゃい

夫34さい妻27さいベトナム人 通訳会社で翻訳してた

夫はバッテリー販売会社社長で年商110億 熊本の経営者の飲み会で知り合った

 

株式会社吉角(旧社名:益城電池)代表取締役
1982年、熊本県生まれ。高校時代に格闘技に目覚め、卒業と同時に上京し高田道場の門を叩く。
30試合以上の経験を積むもケガで中断、悩んだ末に格闘家の夢を断念。
その後、東京・高円寺で専門学校に通いつつバイト生活。パチスロにのめり込み100万円の借金を作るなど、荒れた生活を送る。
24歳で熊本に帰り、起業。自動車の再生バッテリーの通販事業を開始する。
年商1億円を目指したものの、北京オリンピックの影響で肝心の中古バッテリーが入手できず、1年目の年商は10万円。
2年目以降は売上が順調に伸び、会社設立7年目で年商5億円、自身の年収も1億円に到達。

自動車バッテリーの販売 自動車バッテリーの販売年間3万個の出荷実績 年間3万個の出荷実績で日本有数の販売店となっております。 ここで培ったバッテリーのノウハウがいまの蓄電システムにつながっています

 

会社案内 | 益城電池 コーポレート

  ここらしい

仕入れ先聞いてたけどカットされてたw

 

なるほど
奥さん旦那ともエリートやな

吉角 友里 / Yuri Yoshikado
旧姓 澤村ゆり。ベトナムホーチミン市生まれのベトナム人。2003年ベトナムより日本へ来日。
熊本県玉名市で中学・高校時代を過ごす。熊本県立大学総合管理学科卒業。
在学中に起業しLCCジャパンを設立。モデル・タレント業や日本語講師、ベトナムセミナーなども行う。
2013年9月ベトナムトレーディング株式会社を設立。代表取締役に就任。
2015年に日越協同組合を立ち上げ、副理事長就任。通訳経験10年以上。医療、法律と高度な専門分野でも対応できる

 

 

 

 

子供は旦那そっくりのゴリラとは嫁談 嫁ひでえなw

12歳から日本にいるベトナム

  嫁さんはこっち 嫁さんも会社やってるっぽい? 働き者やな

 ツイッターはこれらしい

ヤフーショッピングとかでバッテリー買うと熊本発送多いらしい

バッテリー通販屋は倉庫も持たずメーカー直送だから儲かる らしい 倉庫なしとかほんまかいな 倉庫いらないならだれでもできるやん

 

 

前TBSの番組でヒデとロザンナロザンナ帰化申請するドキュメンタリーあったけど 本国の親族とか資産とか収入とか経歴とか提出書類がすごくて 何度も申請書類の不備で提出し直しで書類や審査が通っても許可の連絡が来るまで半年1年待ちとか かなり大変らしい

 

夫のことゴリラだの鼻の穴が上向いてるだの言ってたが 全然はなのあな上向いてないしアメフト体型のゴリマッチョ系イケメンじゃんよ

 

夫は経済力 嫁は美人

f:id:hiiyuu:20170709134539j:plain

 

 

まざまざと見せつけられてしまいましたわ

日本のTV局がよくやる 「貧困の村に井戸を!」 といった企画

知人に長年にわたってNGO(NGOs=Non Governmental Organizations=非政府組織) として活動を続けている女性がいるのだが、
ある件で彼女や所属する組織に取材をした際に、大手メディア(特にTV) では殆ど報道されていない大問題を教えられた。
英文の報告書(とその和訳) を見せながら説明してくれた内容によると、先進国が海外の貧困にあえぐ村に対して行った
「人道的支援」 によって、殺し合いにまで発展してしまった事例がいくつもあるそうなのだ。

例えば、日本のTV局がよくやる 「貧困の村に井戸を!」 といった企画があるが、作るまでと作った直後まではいい。
じゃんじゃん水が出て「ハイよかったね~、こどもたちも嬉しそうにはしゃいでいるね~」と、TVで放送されるのはそこまでである。
なんだったらその絵をエサに募金を募ったりするだろう。
多くの日本人がそれを見て善意でお金を送ったり、募金箱にお金を入れにいったりもするだろう。

ではここで少し考えてみよう。
同じくらい今日食べる食料にも困っている村が何箇所かあったとして、その内のひとつに日本のTVクルーとタレントがやって来た。
彼らは村人たちに支援物資を配り、村に井戸を掘り、水が出て、簡単な農作物なら作れるくらいに発展した。
そして撮影が終わって日本人たちは帰って行った。
さて、いったいその後に何が起こるか想像できるだろうか?
周囲には変わらず貧しさに苦しみ続けている村々があるのに、一箇所だけジャパンマネーで裕福になったとしたらどうなるだろう?

そのNGOのメンバーが見せてくれた報告書には、水源(井戸) の奪い合いで他の村人との間でイザコザが起き、
それが村をあげての殺し合い(言ってみれば戦争) に発展し、大勢の死傷者が出たと書かれていた。
日本人が善意で行った支援活動が、現地では殺し合いのキッカケになってしまったのである。

他にも日本のTV屋が好む絵として 「貧困国に学校を!」 という企画もある。
そうした企画で作られた学校は、その後もきちんと使われ続けているとは限らず、日本人スタッフが離れた途端に 「襲われる」 というケースすらある。
どういうことかと言うと、TV屋やタレントらが撮影をしている内は思惑通りに使って貰えるのだが、外国人の監視の目がなくなった途端に教師がいなくなる。
そして建築に使われた資材が盗まれる。木材・石材・鉄と、他所に売れそうな物は片っ端から壊され、剥がされ、
見るも無残な廃墟になってしまうのだ。こんな結末などTVは絶対に報じない。
そんなものを流せば、××時間TVのような番組が二度と制作できなくなるからだ。

また、農業支援といった手法にも大問題が山積みになっている。
例えば貧しい土地でも作れる作物を根付かせようとしても、監視の目がなくなった途端に盗まれたり荒らされたり、
井戸と同様に奪い合いや殺し合いに発展したケースが多々ある。
では食べ物でなければいいのかと言うとそうではない。
食用には向かないがバイオ燃料の原料になる植物の栽培を推奨したケースでも、現地人の間で諍いが起き、そこでも死人が出る騒ぎになってしまった。

現在では、世界中のNGOがこうした 「不公平に起因する騒動」 に対するケアまで考慮し、万が一のないように計画を立てた上で支援活動を行っている。
未だに呑気に「子供の絵は解りやすいから学校作りましょうよ!」だの「井戸から水が出ている絵が欲しいっすね!」などと言っているのは、日本のTV屋くらいのものかもしれない。

ヒューマニズムだの人権だのと口にすれば、誰でも良い事をしている気分になれる。
ところが、そうした目立ちたいだけの上っ面だけのエセ人権屋や運動屋のマスターベーション的な行動のお陰で、
「実は海外でジェノサイドが巻き起こりました......」 という事例がいくつもあるのだ。
お手軽に正義の人ぶるのは勝手だが、その行動がどういう結末を迎えるかまで考えてからにして頂きたい。

善意ある行動が、キレイな結果に繋がるとは限らない。
だからこそ、真っ当なNGONPOはもがき苦しみながら必死に勉強をし、失敗を反省し、決して目立たない場所で地道な活動を続けているのだ。
「善意は人を殺す」こともある。

ホライゾンゼロドーンクリアしたのでレビュー

ホライゾンゼロドーンクリアしたのでレビュー

f:id:hiiyuu:20170628044144j:plain

 

まずグラフィックスは圧倒的

すごく綺麗

こんな美しい世界でオープンワールドとか

どれだけ時間がかかっているんだか

と途方に暮れた。

6年かかっているそうな。

 

序盤の村を出る試験、どこに進んでいいか分からずに

4回ほど死ぬ。

ちょっとロードが長いか。

 

序盤の村を出てマップを渡される

村だけでもかなり広かったのにワールドマップはこれの7倍はある。

すごい広い世界を冒険しなきゃいけないなんてすごいけど

疲れそう。

キャラがカメラに近いためか没入感は高い。

足場を降りるさいに飛び降りながらロープをつけるのだが

やたら格好いい。カメラワークもモーションも。

ゾイドみたいな機械獣を弓矢でハントするという独特の世界は

見た目が面白い。独特でよい。

こんな鋼鉄の機械を木と石の弓矢で倒せるわけないだろ!

というツッコミを入れたくなる。

そういう無茶苦茶な世界のほうがやっていて面白い。

 

最初は戦闘が簡単でR2連打でなんとかなってしまうので

作業感が強くなったが

中盤でコラプターが出たあたりで急に難易度が上がって

逆に何度も死にすぎてちょっとやる気が失せた。

広い世界といっても常にマーカーで次の行き先が出ているので

全く迷うことはない。

歩けば歩いたところの地図が解放されるので迷わないマッピングシステム。

 

この点はブレスオブワイルドはいくら歩いても地図が解放されなくて序盤はとてもつらかった。

 

途中から段々作業っぽくなっていく。

まず敵の種類が少ない。16種類ぐらいしかいない。

そして似たような敵ばっかり。

すごくフィールドが広いのにどこを歩いても似たような景色に

数種類しかいないモンスター。

機械獣達はみんな白ベースに弱点が黄色で鋼鉄の質感

目はみな赤いモノアイ。色も質感も同じで形がちょっと違うので

多彩ではない。単調。

ソウトゥースというトラ型とストーカーというヒョウ型がいるのだが

トラ模様もゼブラ模様もキリン模様もなく特徴がないので

似たような印象。

謎解きも一種類のみ。丸をくるくる回す謎解きが5回も出てきて

またこの謎解きかよ!となる。

この世界の謎に迫るため過去を探るのだが

音声データだけ。しかもそれがちょっと歩くたびに

立ち止まってそれを聞かなきゃいけないためテンポが悪い印象。

どこいっても似たようなホログラムで過去映像を出していく。

そのホログラムもストーリーが進めばいいのだが

どうでもいいホログラムばかりでガッカリ。

 

大事な部分以外はオールカットしてほしいぐらいだった。

「このプログラムは危険だ。」「いや私が保障します」

みたいなやり取りが何回も出る。冗長だった。

 

サイドストーリーに関しては全くストーリーが絡まない

ただのお使い。あそこで怪我してる子がいるからこれを渡してきて。

というのがたくさんあるだけ。やる意義は感じられない。

 

メインストーリーで熱かったシーンは

主人公が捕らえられて闘技場に放り込まれ

装備も全部剥がれて丸裸で猛獣と一騎打ちをさせられるシーン。

いつもと展開が変わるし熱い展開!

そして敵か味方か分からないサイレンスがトラを引き連れて

助けに来てくれる!

 

あと引き込まれていく展開は主人公は実は機械人間で

天才科学者のクローン人間だった。ということが明らかになるあたり。

このへんはストーリーが面白くて引き込まれた。

 

中盤はストーリーが進まず結構中だるみが多かった。

 

最後のラスボス戦は結構ガッカリ。

今まで何度もボスとして登場していた敵とたたかうだけ。

つまりラスボスはいないようなもの。

 

数あるオープンワールドの中でもロードは早い方。

スカイリムどこいくにもは40秒ぐらい

ブレスオブワイルドは酷い。死にゲーなのに死ぬたびに50秒ロード

エリア移動、祠、死、ととにかくロード回数が多いのに全て長い。

FF15はファストトラベル1分くらいで最長だが回数が少ないのでそんなに気にならないか。

ホライゾンゼロドーンは遠くに移動だと40秒はかかってしまうが

近場の移動なら5秒ぐらい。セーブは一瞬。

ゲームオーバーも10秒ロード

死んだときのリスタートが早いのでとても快適。

 

ブレスオブワイルドは難易度が高くとても死にやすいのに毎回30秒~で快適ではない。

 

ロードを極力しないように工夫されていて親切。

 

サウンドはあまり印象に残らない。普通。

 

トーリー5

熱中度3

グラフィック 4.8

快適さ 4.5

満足感 4.4

サウンド 3.2