日本のTV局がよくやる 「貧困の村に井戸を!」 といった企画

知人に長年にわたってNGO(NGOs=Non Governmental Organizations=非政府組織) として活動を続けている女性がいるのだが、
ある件で彼女や所属する組織に取材をした際に、大手メディア(特にTV) では殆ど報道されていない大問題を教えられた。
英文の報告書(とその和訳) を見せながら説明してくれた内容によると、先進国が海外の貧困にあえぐ村に対して行った
「人道的支援」 によって、殺し合いにまで発展してしまった事例がいくつもあるそうなのだ。

例えば、日本のTV局がよくやる 「貧困の村に井戸を!」 といった企画があるが、作るまでと作った直後まではいい。
じゃんじゃん水が出て「ハイよかったね~、こどもたちも嬉しそうにはしゃいでいるね~」と、TVで放送されるのはそこまでである。
なんだったらその絵をエサに募金を募ったりするだろう。
多くの日本人がそれを見て善意でお金を送ったり、募金箱にお金を入れにいったりもするだろう。

ではここで少し考えてみよう。
同じくらい今日食べる食料にも困っている村が何箇所かあったとして、その内のひとつに日本のTVクルーとタレントがやって来た。
彼らは村人たちに支援物資を配り、村に井戸を掘り、水が出て、簡単な農作物なら作れるくらいに発展した。
そして撮影が終わって日本人たちは帰って行った。
さて、いったいその後に何が起こるか想像できるだろうか?
周囲には変わらず貧しさに苦しみ続けている村々があるのに、一箇所だけジャパンマネーで裕福になったとしたらどうなるだろう?

そのNGOのメンバーが見せてくれた報告書には、水源(井戸) の奪い合いで他の村人との間でイザコザが起き、
それが村をあげての殺し合い(言ってみれば戦争) に発展し、大勢の死傷者が出たと書かれていた。
日本人が善意で行った支援活動が、現地では殺し合いのキッカケになってしまったのである。

他にも日本のTV屋が好む絵として 「貧困国に学校を!」 という企画もある。
そうした企画で作られた学校は、その後もきちんと使われ続けているとは限らず、日本人スタッフが離れた途端に 「襲われる」 というケースすらある。
どういうことかと言うと、TV屋やタレントらが撮影をしている内は思惑通りに使って貰えるのだが、外国人の監視の目がなくなった途端に教師がいなくなる。
そして建築に使われた資材が盗まれる。木材・石材・鉄と、他所に売れそうな物は片っ端から壊され、剥がされ、
見るも無残な廃墟になってしまうのだ。こんな結末などTVは絶対に報じない。
そんなものを流せば、××時間TVのような番組が二度と制作できなくなるからだ。

また、農業支援といった手法にも大問題が山積みになっている。
例えば貧しい土地でも作れる作物を根付かせようとしても、監視の目がなくなった途端に盗まれたり荒らされたり、
井戸と同様に奪い合いや殺し合いに発展したケースが多々ある。
では食べ物でなければいいのかと言うとそうではない。
食用には向かないがバイオ燃料の原料になる植物の栽培を推奨したケースでも、現地人の間で諍いが起き、そこでも死人が出る騒ぎになってしまった。

現在では、世界中のNGOがこうした 「不公平に起因する騒動」 に対するケアまで考慮し、万が一のないように計画を立てた上で支援活動を行っている。
未だに呑気に「子供の絵は解りやすいから学校作りましょうよ!」だの「井戸から水が出ている絵が欲しいっすね!」などと言っているのは、日本のTV屋くらいのものかもしれない。

ヒューマニズムだの人権だのと口にすれば、誰でも良い事をしている気分になれる。
ところが、そうした目立ちたいだけの上っ面だけのエセ人権屋や運動屋のマスターベーション的な行動のお陰で、
「実は海外でジェノサイドが巻き起こりました......」 という事例がいくつもあるのだ。
お手軽に正義の人ぶるのは勝手だが、その行動がどういう結末を迎えるかまで考えてからにして頂きたい。

善意ある行動が、キレイな結果に繋がるとは限らない。
だからこそ、真っ当なNGONPOはもがき苦しみながら必死に勉強をし、失敗を反省し、決して目立たない場所で地道な活動を続けているのだ。
「善意は人を殺す」こともある。

ホライゾンゼロドーンクリアしたのでレビュー

ホライゾンゼロドーンクリアしたのでレビュー

f:id:hiiyuu:20170628044144j:plain

 

まずグラフィックスは圧倒的

すごく綺麗

こんな美しい世界でオープンワールドとか

どれだけ時間がかかっているんだか

と途方に暮れた。

6年かかっているそうな。

 

序盤の村を出る試験、どこに進んでいいか分からずに

4回ほど死ぬ。

ちょっとロードが長いか。

 

序盤の村を出てマップを渡される

村だけでもかなり広かったのにワールドマップはこれの7倍はある。

すごい広い世界を冒険しなきゃいけないなんてすごいけど

疲れそう。

キャラがカメラに近いためか没入感は高い。

足場を降りるさいに飛び降りながらロープをつけるのだが

やたら格好いい。カメラワークもモーションも。

ゾイドみたいな機械獣を弓矢でハントするという独特の世界は

見た目が面白い。独特でよい。

こんな鋼鉄の機械を木と石の弓矢で倒せるわけないだろ!

というツッコミを入れたくなる。

そういう無茶苦茶な世界のほうがやっていて面白い。

 

最初は戦闘が簡単でR2連打でなんとかなってしまうので

作業感が強くなったが

中盤でコラプターが出たあたりで急に難易度が上がって

逆に何度も死にすぎてちょっとやる気が失せた。

広い世界といっても常にマーカーで次の行き先が出ているので

全く迷うことはない。

歩けば歩いたところの地図が解放されるので迷わないマッピングシステム。

 

この点はブレスオブワイルドはいくら歩いても地図が解放されなくて序盤はとてもつらかった。

 

途中から段々作業っぽくなっていく。

まず敵の種類が少ない。16種類ぐらいしかいない。

そして似たような敵ばっかり。

すごくフィールドが広いのにどこを歩いても似たような景色に

数種類しかいないモンスター。

機械獣達はみんな白ベースに弱点が黄色で鋼鉄の質感

目はみな赤いモノアイ。色も質感も同じで形がちょっと違うので

多彩ではない。単調。

ソウトゥースというトラ型とストーカーというヒョウ型がいるのだが

トラ模様もゼブラ模様もキリン模様もなく特徴がないので

似たような印象。

謎解きも一種類のみ。丸をくるくる回す謎解きが5回も出てきて

またこの謎解きかよ!となる。

この世界の謎に迫るため過去を探るのだが

音声データだけ。しかもそれがちょっと歩くたびに

立ち止まってそれを聞かなきゃいけないためテンポが悪い印象。

どこいっても似たようなホログラムで過去映像を出していく。

そのホログラムもストーリーが進めばいいのだが

どうでもいいホログラムばかりでガッカリ。

 

大事な部分以外はオールカットしてほしいぐらいだった。

「このプログラムは危険だ。」「いや私が保障します」

みたいなやり取りが何回も出る。冗長だった。

 

サイドストーリーに関しては全くストーリーが絡まない

ただのお使い。あそこで怪我してる子がいるからこれを渡してきて。

というのがたくさんあるだけ。やる意義は感じられない。

 

メインストーリーで熱かったシーンは

主人公が捕らえられて闘技場に放り込まれ

装備も全部剥がれて丸裸で猛獣と一騎打ちをさせられるシーン。

いつもと展開が変わるし熱い展開!

そして敵か味方か分からないサイレンスがトラを引き連れて

助けに来てくれる!

 

あと引き込まれていく展開は主人公は実は機械人間で

天才科学者のクローン人間だった。ということが明らかになるあたり。

このへんはストーリーが面白くて引き込まれた。

 

中盤はストーリーが進まず結構中だるみが多かった。

 

最後のラスボス戦は結構ガッカリ。

今まで何度もボスとして登場していた敵とたたかうだけ。

つまりラスボスはいないようなもの。

 

数あるオープンワールドの中でもロードは早い方。

スカイリムどこいくにもは40秒ぐらい

ブレスオブワイルドは酷い。死にゲーなのに死ぬたびに50秒ロード

エリア移動、祠、死、ととにかくロード回数が多いのに全て長い。

FF15はファストトラベル1分くらいで最長だが回数が少ないのでそんなに気にならないか。

ホライゾンゼロドーンは遠くに移動だと40秒はかかってしまうが

近場の移動なら5秒ぐらい。セーブは一瞬。

ゲームオーバーも10秒ロード

死んだときのリスタートが早いのでとても快適。

 

ブレスオブワイルドは難易度が高くとても死にやすいのに毎回30秒~で快適ではない。

 

ロードを極力しないように工夫されていて親切。

 

サウンドはあまり印象に残らない。普通。

 

トーリー5

熱中度3

グラフィック 4.8

快適さ 4.5

満足感 4.4

サウンド 3.2

 

【最速攻略】6月16日発売の最新ゲーム!SwitchのARMSやってみた!

f:id:hiiyuu:20170624223644j:plain

 

www.youtube.com

作曲・編曲・作詞でプロになりたい人が成功する方法 挫折する理由 レビュー!

 

f:id:hiiyuu:20170624145458j:plain

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B06XKY4M1N/musicequipmen-22

 

 

「毎年2,3曲採用された程度じゃプロじゃない。それなのに自称プロが溢れていている。」
「その程度で作曲家なんて名乗ってる奴は怪しい。そんなの実績ないやつだったらすぐに分かる。」
「同期が有名アーティストで採用されていて嫉妬した。」
「10年以上続けて初めてプロを名乗れる」

最初は意識高いんだな、ぐらいにしか思わなかったけど
読み進めているうちにただ単に性格が悪いだけというか
疑い深いというか、底辺をこじらせすぎて捻じ曲がった性格だと思わされる文章が
ずっと続いていく。

DTMマガジンのインタビューで彼のことを知っていたし
対談も面白いと思っていた。

しかしこの本の内容はそれとはまるで違う。
採用されている人間に対する嫉妬や嫌悪をひたすら書きなぐっている文章。

「ものすごく嫉妬しすぎて壊れそうになった」という文章を何回見たことか。
明るい内容ではない。

この本を読んで、この人はちょっと痛い人なんだな、と引いた。

 

音楽的な内容は全く書いてありません
今売れている音楽をひたすら聴きまくって真似しろ。
という内容が十数ページにも渡って書いてあるだけ。

経歴を見たら立派に作家生活を送れていて
成功しているんじゃないかと思っていたんだけど
挫折、失敗、悔し涙、成功者に対する嫉妬だけが書かれていて
鬱屈した人なのか?と心配した。
メンヘラや統失の人が書いた文章のようだった。

この人はもらった名刺に作曲家と書いてあると
激しく嫉妬して実績を調べ上げてちょっとでも足りないな、と思ったら
ひたすら叩くそうです。
なんでそんなに他の人が気になるんだろうとまで思った。


これを読むとコンペ作家は酷い奴隷扱いだなと思わされてしまいます。

ここまで鬱屈しているとなると
収入がかなり少ないのでは?とまで思ってしまった。
まるでほぼニートが書いた文章みたい。

 

 

本を読む前は

DTMマガジンでインタビューしたり作家活動で活躍したり行動力があって

すごい人だなという印象でしたが

残念な印象に変わり果ててしまいました

 

 

 

 

私の収入はコンペはほぼなく、ほぼ決め打ちで稼いでいる人なので

 


コンペ作家じゃなくてよかったと思わされてしまいました。
そのぐらい鬱屈した内容の本です

ipadpro購入!開封動画 ipadmini ipad2と比較

動画で開封動画

 

 

手持ちの林檎製品を並べてみた

 

 

 

f:id:hiiyuu:20170620181150j:plain

www.youtube.com

 

こうやって並べると壮観ですね!

モノは

Macbook pro 2015 Core i 7 RAM16GB SSD512GB

Mac mini Core i 7 RAM 16GB 2TB

Ipad Pro 

iPad mini4

iPad2

iPhone 7 Plus

iPhone 5c

 

 

 

パソコンパワーアップで20万使って9万円無駄にした2017年失敗談

 

core i 5 6500 (現在相場25000円ぐらい)から

core i 7 7700に交換

 

 

f:id:hiiyuu:20170714204816j:plain

4万円ぐらい。

 

これの交換が一番たいへんなことになってしまった

 

 

→同じLGA1151?同士なら大丈夫かと思いきや

ASUS110M PRO VHは

BIOSアップデート必須

ソフトウェアのライブアップデートは失敗

UEFI画面からUSBメモリもいろいろ試したけど失敗

そもそも公式HPのアップデート手順は画像がリンク切れして分からない

 

友人に

「CPU買い換えるよりマザボ買い替えたほうが安く済むよ」

とアドバイスを受け

 

H270M PRIME購入

f:id:hiiyuu:20170714204020j:plain

15000円ぐらい。

 

2017年1月発売で

第六世代と第七世代対応とのこと

しかし、動かず。

 

しかも仕事で使っているPCなので

仕事で納品するたびに

前のマザボを入れ直す、

んで終わったらまた新しいマザボを入れる

という作業をすることに

 

結局なにやっても動かないので

前から使ってる2016年製のマザボに戻す

そして第六世代なら対応しているので

結局第六世代CPU 

core i 7 6700購入 

f:id:hiiyuu:20170714204715j:plain

 

 

4万円ぐらい。

 

こっちならなにも問題は出ずにクリア

無事CPUパワーアップ完了

 

RAM→16GB二枚で32GBのRAMを購入

f:id:hiiyuu:20170714204113j:plain

大体23000円くらい。

 

こっちはすんなり認識。

ただメモリ交換作業は力がいるので曲がりそうで怖い。

CPUファンを取り外しするときに指がメモリに当たるのも非常に怖い。

 

RAM64GBも良さそうだけど今使ってるASUS 110m PRO  VHは最大32GBなのでこれ以上は無理。

H270M PLUSだったら最大64GBなので将来的にはいけるんだろうけど

 

SSD交換作業→

こっちはすんなりいった。

最初から付属のデータ移行ソフトは何故か使えなかった。

intel のデータ移行ソフトなら問題なく移行できた。

これはかなり体感速度が上がった。

買ったのはSSD 1TB

f:id:hiiyuu:20170714203956j:plain

4万円ぐらい。

本当はSSD1TBの倍の容量がよかったけれどそっちは値段が最低75000円程度。

かなり高いので1TBに妥協した。

それでも高かった。

 

*その後大容量SSD結局2個買い足しました

f:id:hiiyuu:20170714204304j:plain

 

 

 

グラボパワーアップ→

GTX1060 RAM8GBモデル

f:id:hiiyuu:20170714204438j:plain

値段4万弱ぐらい。

こっちは認識したりしなかったりでまだ途中。

 

ファイアーウォール無効化したり

前のディスプレイドライバを消す

アンインストールソフトも色々種類があるらしい。

それらを試せばいけるかも。

 

◆グラフィックボード geforceトラブル まとめ ①以前使っていたディスプレイデバイスを " DDU

Display Driver Uninstaller

 

" を使い強制消去 ②不具合の起こる最新デバイスも消去 ③ある程度日数の経った旧式バージョンのドライバをダウンロード ④nvidia コントロールパネルで挿入したグラボにする

◆DDUはネットでダウンロード。アンインストール出来ないデバイスも削除可能 ◆geforceドライバーのバージョンは様々あるので、自分のパソコン環境に上手く合う旧世代を選ぶ。 ◆グラボ端子から液晶画面に連結。PC本体端子と混ぜてマルチディスプレイをすると不具合が起こる。

以上の設定から、インターネットのブラウザ閲覧が強制終了させられて機能しなかったり、ディスプレイが表示されないとか、グラフィックボードを変えた途端に起こる不具合を対処出来ます

 

 

教訓

*LGA1151などCPUの規格があってても使えない。第六世代のマザボを買ったなら第六世代のCPUを最初から買うべき。BIOSアップデートは期待しちゃダメ。

*マザボを買うならケースと電源も買って全部新しく作ったほうがいいかも。

ましてや仕事で使ってるPCならなおさら。

*PCケースにマザボ直置きはダメ。ショートして壊れる。

*マザボのCPUピンは大変壊れやすい。ドライバ落としただけでおしまい。

*私のような面倒くさがりには向いていない

 

無駄にしたお金

マザボ(動かなかった)  16000円

第七世代CPU(動かなかった) 40000円

グラボGTX1060(動作不安定で外した) 36000円

合計92000円

 

ちゃんとパワーアップできたパーツ

SSD1TB  40000円

RAM DDR4 2400MHz 32GB 26000円

CPU core i 7 6700 40000円

合計106000円

 

総額19万8000円

 

手先が不器用な人はパソコンのパワーアップなんてしてはいけない

 

PS4 いけにえと雪のセツナクリアしたのでレビュー


PS4 いけにえと雪のセツナクリアしたのでレビュー

 

 

 

f:id:hiiyuu:20170525060347j:plain


ジャケットデザインが良すぎる。
こんないいジャケットデザインで
コンセプトアートがしっかりしてるから雰囲気最高の良ゲーなんだろうな

 

 

 

ICO

f:id:hiiyuu:20170525060855j:plain

 

 

ワンダも

f:id:hiiyuu:20170525060905j:plain

 

 

 

雰囲気最高だったし

それ系かと思った

ゲーム自体が微妙でも雰囲気ゲームかと思った

そうでもなかった。

キャッチコピーが
『とりもどそう、ぼくたちのRPG
ということで

90年代の往年の名作をフューチャーしたゲームらしい

戦闘システムは完全にクロノトリガー

f:id:hiiyuu:20170525060412j:plain

 

 

確かにゲームが始まってみて
見たことのあるシーンばかり。

最初の雪道を歩くシーンは

f:id:hiiyuu:20170525061250j:plain


FF6の冒頭

f:id:hiiyuu:20170525061259j:plain

 

 

 

 

を連想させたし

いけにえが最果ての地で死ぬことでモンスターの被害を減らす
そして仲間は全員護衛。
完全にFF10と一致。

作ってる人たちはほんと往年の名作が大好きで
それが好きな人に向けて作ってる感じ。

自分も大好きなのでアリ。

オリジナリティとかは特に感じないけど
こういう普通のRPGもいいよね

実際はじまってみて、
割といい加減なストーリーなのがわかる。

最終シーンで実はクオンは世界に魔物を生み出す存在(つまりシン)
をから世界の果てで一人で食い止めている人(FF10のユウナレスカ的存在)
の分身体だとわかる。
シンを倒さない選択を毎回して世界は何度もループしていた。

そのたびにこの旅を繰り返していた
つまりクオンはまどマギのほむらだった。

そこでまどマギネタを出してくるとは思ってなかった。
今まで90年代~2000年代ネタだったので急に2011年のネタが
出てきて笑った

f:id:hiiyuu:20170525062417p:plain

公式サイトにも90年代意識という表記

 

 

ロードは短く戦闘はさくさく進む
大体10時間もあればクリアできちゃう。

雑魚戦は敵の後ろをとれば先制が必ず成功し
連携技を使えばワンターンでザコを倒せる
なので雑魚戦の記憶は全くなし。

ボス戦もちょっと苦労する場面はあるもののザコと戦ってレベルを1レベル上げればすぐ倒せるレベル。
簡単でサクサク進んでよかった。

途中出てくるヨミというキャラ
髭に大剣で見た目がモロにアーロンだったんだけれど
伝説の元ガードで前回の旅を成功させた英雄。今回もついてきてくれる。
って設定までアーロン。

さすがに設定とキャラデザ両方パクリはやり過ぎかとw

f:id:hiiyuu:20170525060711j:plain

 

 

ほかはオマージュでいいと思うけどこれはさすがに露骨だw

セツナに感情移入できない問題。
いい子ちゃんすぎて感情移入できない人が多数。
正直これはキャラデザもあると思う。
セツナのキャラデザは可愛くない。
古臭い。

ユウナだっていい子ちゃんすぎるキャラなのに
そういう反発意見は少ないのはなぜか。
キャラデザがいいから。

主人公もだいぶダサい。
仮面をかぶったクールな傭兵なのに猫耳。ダサい。
赤と青の色使い。ダサい。

f:id:hiiyuu:20170525060536j:plain

 

主人公がいたから今回のタイムリープは終わったのだ。
という部分なのだが主人公の生い立ちが謎すぎる。

もう祈り子が召喚した存在でよかったのに。

ゲーム内に説明があるのだが
『仮面の一族→大陸の外から来たかどうか、今存在するかも不明。』

いい加減すぎる。何も考えていないんだろうなとしか思わない。
短納期で設定詰める時間ありませんでした。プレイヤーの想像にお任せします!
っていう投げっぱなしにしか思えない。こんな文章ならないほうがまし。

 


クオンは可愛い。


途中でゲームの開発者の村が出てくる。
人によってはクリア前なのに開発者村が出るのは違うだろう、という意見があるようだが
FF4もクリア前に開発者村があったのであれをやりたかったんだろうなぁと思うし
ありだと思う。
この人達は伝説のRPGの真似事をしたかったんだろうなぁ

そこはそこで割と同人のノリで楽しめる

しかしまだラスボスに会っていないのに
開発者村で「今回のラスボスはぼくがかんがえたさいきょうのもんすたーをデザインしました!」
というセリフがあった。

ラスボスに会う前にそれはないだろ。引いたw

最初から最後まで全て雪のマップ。雪の林道、雪の山、雪の村しか出てこない
おかげで◎◎の村にいってきてくれ、と戻る場面があったのだが
どこまで戻ればいいか分からなかった。
全て同じ印象の村しかないのでゲームの攻略に支障をきたすレベルで同じ雪景色しかない。

最初から最後までBGMがピアノオンリー。

普通に考えて飽きるし迫力がないし、更にはコンセプトは「往年のRPGを意識」なのだから余計にないわ。
ピアノで最高な曲といえばクロノトリガーのフィールド曲。あんないい曲も今回はなし。

特に敵が出現するシーンで頻発するBGMがダサいにも関わらず毎回流れるのでやる気が失せる。

そしてラストダンジョンが今までのマップの使い回し。
ラストダンジョンだけは流石に使いまわしはしないと思ったら
今までのダンジョンの色が違うだけ。
これはないだろ。

ラストダンジョンと同じマップアセットのダンジョンが5回も出てくる。

一度アセットを作ってあとはコピペして貼り付けしましたという形式のダンジョン。
途中で印象的な滝、斬首台、党などのオブジェも全くないので
ずっと同じ場所にいる感じ。低予算感がすごい。

敵も色違いが何回も出てくる。この敵の色違い4回目か?と数えはじめてしまう。
敵の色違いはよくあることなのでそこまで気にならない。

ここまで低予算な感じが伝わってくると逆にそれを売りにしたほうがよかったと思う

『たったの10人でPS4クオリティのゲームを作りました!!』
とか。そっちのほうが応援する人は増えると思う。

ボロクソに書いちゃったけど
クロノトリガーのような名作でもなければ
ビヨンド・ザ・ビヨンドのような伝説級のクソゲーでもない

f:id:hiiyuu:20170525060623j:plain

 

 


ほんと普通のゲーム。